Baby K'tan ベビーケターン

Hug Position抱っこ抱き

赤ちゃんが足を伸ばし始めてから(1か月頃から)

抱っこ抱きの装着方法

【写真】抱っこ抱きのステップ1

自分の方に向けて赤ちゃんを抱きます。

【写真】抱っこ抱きのステップ2

赤ちゃんの脚を内側の輪に通し、赤ちゃんが布地にまたがるようにします。
ヒント:赤ちゃんがM字開脚の姿勢(両膝は赤ちゃんのお尻よりも上)になるように、両膝の間の布地を広げます。赤ちゃんの肩の周りの布地を広げます。

【写真】抱っこ抱きのステップ3

腰に引っかけていた輪を、赤ちゃんの両足の間を通して肩まで引き上げます。布地を広げます。
ヒント:輪が交差する部分が背中の真ん中にくるように、背中のサポートバンドを引き下げます。同時に赤ちゃんを上にずらしてもいいでしょう。

【写真】抱っこ抱きのステップ4

自分と赤ちゃんの周りにサッシュを巻きます。
ヒント:サッシュは背中で結んでも、背中をくるむようにして前で結んでもかまいません。

K'tan Hint

  • キャリアを試すのは、赤ちゃんが疲れておらず、おなかがいっぱいで、機嫌のいい時にしましょう。
  • 赤ちゃんが眠っている場合や、首がすわっていない場合は、赤ちゃんの頭を布地の中に入れて支えます。
    【写真】赤ちゃんの頭を布地の中に入れる
  • 赤ちゃんはあなたの気持ちに敏感です。常に落ち着いた気持ちで、練習を続けてください!
  • 赤ちゃんを腰抱きするには、赤ちゃんの位置を脇にずらしてからサッシュを巻いてください。
    【写真】赤ちゃんを腰抱きする
  • 赤ちゃんがぐずる時には慌てずに赤ちゃんをキャリアから出して、また少し後でお試しください。

INSTAGRAM GALLERYインスタグラム

国際股関節異形成協会は、ベビーケターン
ベビーキャリアを指示通りに使用した場合、
「腰の健康に良い」製品だと認定しています。
www.hipdysplasia.org

ページの先頭に戻る